30歳になった「aiai 」    愛犬パピヨンの「るか♀」  たいせつな日々の記録        ◆   ◆   ◆   ◆        「お出かけ」 に「カメラ」 「ATSUSHI(EXILE)」 が大好き♪
by ai79a
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

城崎温泉へ ~ ニィ ~

さて。
17時、いよいよ城崎温泉にある宿に到着♪
今回お世話になったのはレトロな雰囲気が素敵な「深山楽亭」(*^▽^*)
どうしてかなぁ・・旅館の写真を撮り忘れてる。。
素敵なホームページがあるので、気になる人はそちらをチェックしてみてください♪
場所的には、城崎温泉駅から行くと7つの外湯を通過した先にある旅館です。
るかももちろんお泊りOKな宿だけど、とっても綺麗でした。
ロビーでは車用のしっかりしたキャリーにいれ、お部屋では完全フリーでOK☆

ここで、今回の旅行に持っていった「るか用品」を忘れないためにメモしておきます。
 ・ラップで包んだ カリカリフード 2食分
 ・おやつ
 ・飲む用ペットボトルの水
 ・フード&水用 タッパ 各1個
 ・部屋用ゲージ(結局使用せず)
 ・おでかけ用キャリー
 ・車用・公共の場所用キャリー
 ・トイレ (トレー・トイレシート・うんち袋)
 ・普通のリード
 ・ベッド

部屋で一息ついたわたしたち。
夕食は19時でお願いしていたので、全員浴衣に着替え、まずは「まんだら湯」へ。
この「まんだら湯」は営業時間が15時~23時なので、
今日を逃すと明日は入れないのです(;>ω<)/

るかも新しく買った「おでかけ用キャリー」で一緒におでかけ♪
(どんなキャリーでも、るかはこんな風に身を乗りだします(>_<) )
e0131153_23385931.jpg


最初は弟にお風呂に入ってもらい、その間にわたしとお母さん&るかは近くを探索。
e0131153_23505971.jpg


出てきた弟にるかを預け、「まんだら湯」に。
e0131153_23515277.jpg


このときの城崎はとっても寒くて、
浴衣で町を探索していたわたしたちの体はかなり冷え冷え。
そして、「まんだら湯」はというと、食事前の良い時間のせいで激混み(@_@;)
脱衣所全体が身動きとれないような状態でした(笑)。
それでもなんとか入り込み、お湯を楽しみました。

城崎のお湯って匂いもしなければ、とろみとかもほとんどないんですね~。
「まんだら湯」は一生一願の湯で、屋外にある木製の桶風呂が特徴。
混んでたとはいえ、しっかり入りましたよ~、桶風呂。
2人用サイズくらいのところを5人で(*´∇`*)

わたしたちが出る頃にはガラガラになっていた脱衣所で再び浴衣を着て、
人通りの少なくなった道を歩いて旅館へ。


夕食はこんなでした(*^-^*)
e0131153_23522745.jpg

グレードアップ一切なしの「カニ半匹付会席料理」。
カニにあまり興味のないわたしは普通~なプランにしちゃいました。

ご飯を食べてる間のるかは・・
e0131153_23525030.jpg


食事のあとは、「部屋でゆっくりする」という弟にるかを任せ、
わたしとお母さんは旅館から一番離れたところにある「さとの湯」へ。
送迎バスがホテルから出ていたので、それに乗りました(*^^)v
「さとの湯」は日本最大級の駅舎温泉らしいんですが、近代的なスパって感じ☆
ミストサウナがあったり、ハーブの香りがしていたり。
情緒を重視するなら、このお風呂は省略してもいいかも。

そして残念なことに「さとの湯」を出ると、どしゃぶりの雨Σ('=';)
どの外湯にも表に「みんなの傘」と書かれた自由に使える傘を設置してくれているので、
びしょ濡れになることはないんだけれど・・足元は足袋と下駄!
帰りは送迎バスが終了してる時間だから、旅館まで歩きになる覚悟は出来ていたけど、
こんな雨になるとは。。
あっという間に足元はびしょびしょで寒くなってくるし、
当初の予定では帰り道に「一の湯」か「鴻の湯」に立ち寄るつもりだったのに、
テンションが下がりまくってしまったお母さんは「帰りたい」と(v_v)
もったいないぃ~~っ(>_<)

でも部屋に戻ると、るかが待ちわびてたから・・いいか♪
e0131153_23553191.jpg


本日最後のお風呂は旅館のお風呂☆
深山楽亭のお風呂は、外湯と同じくらい良いって口コミで見ていたんだけど、そのとおり(≧▽≦)
「大浴場(玄武の湯)と庭風呂」と「大浴場(朱雀の湯)と露天風呂」があって
朝夕で男湯・女湯に入れ替わるんだけど、初日の女湯は「大浴場(朱雀)と露天風呂」でした。
大浴場の「朱雀の湯」は総檜本造りで、雰囲気も広さもとっても良かった(*´∇`*)
置かれていた馬油のボディソープの使い心地まで◎
ただ、露天風呂が「浴衣を着てお進みください」みたいに脱衣所に書かれていて、言われるままに、一度浴衣を着て、扉を開けてみると履物が6つくらいだったかな・・用意されていて。目の前には上にあがる長い階段が続いているんだけど、「履物がないときは満員なので、しばらくお待ち下さい」と(書かれてる)。一人分の履物があったので、とりあえずわたしだけ履物を履いて階段をあがってみると・・一階分は裕に上る階段の数(@_@;) 
これは確かに裸で上るのは何かと問題がある気がする(苦笑
階段を上り切ると普通に脱衣所がありました。
タイミングよく出てくる人がいたので、わたしもお母さんの元に戻り、今度はお母さんと一緒に階段を上り、無事露天風呂に。
まだ雨がポツポツ・・と降っていたし、そんな空だから星が見れなかったのは残念だったけど、
良いお風呂でした(*^-^*)
明日入れ替わるお風呂も絶対に入らなきゃっ、と楽しみにしてこの日は就寝。

るかはフリーにしたまま寝たんだけど・・・
夜中の3時くらいから徘徊をはじめました(;>ω<)
あ、あと姿は見ていないけれど、「わんっ」ってよそのわんこが一声、二声鳴くのも一度だけ聞きました。
[PR]
by AI79A | 2009-03-28 23:48 | ◆ 旅 ◆

「はじめまして」の方も
コメント大歓迎です♪

「綺麗な写真を撮ろう」
「毎日を楽しくしよう」 と
元気になります(*^-^*)


「また遊びにこようかな」
なんて思ってくださる方♪
上のバナーをポチッと♪

- - - - - - - - - - -

☆ BBS (掲示板) ☆

- - - - - - - - - - -
★ RINK ★

Elfin Dears
パピタマゴ
miu☆non~life
ちっちゃなレディー ルビー

まったりほんぽ
Andante

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧